保冷剤の再利用法を紹介!実は香水になる?人体に影響はないの?

※アフィリエイト広告を利用しています

豆知識

スポンサードリンク



夏場、買い物に行くと冷蔵商品によく付いてくる保冷剤

冷蔵庫で場所を取って困っている人も多いですよね。

その保冷剤が意外なことに再利用できるのを
ご存じでしょうか?

ネットでは保冷剤で検索すると候補に「保冷剤 香水」などと出てきます。

保冷剤香水再利用できるのでしょうか?

 

結論からいうと、人体につけるオードトワレのような香水再利用する方法は見つかりません。

ですが、保冷剤再利用して香りを楽しむ方法はあります。

いくつかご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

香りを楽しむ保冷剤の再利用方法3つ紹介

3個のアヒルのおもちゃが芳香剤を見ている画像

先ほどお話した通り、 肌に直につける香水としての保冷剤再利用方法はありません。​

ですが、お部屋などの空間に香りをまとう
ルームフレグランス(芳香剤)に生まれ変わらせる事は可能です。

ここでは保冷剤再利用したルームフレグランスの作り方をタイプ別にご紹介していきます。

香水を使った高級感のある香り

ー用意するものー

香水
保冷剤
・瓶(ガラス容器)
・レースやオーガンジーなど薄手の布(瓶の口を覆える程度)
・輪ゴム
・割り箸または使い捨てのスプーンなど

常温に戻した保冷剤を容器の半分程度を目安に入れます。

そこに香水を適量入れて、割り箸等でよく混ぜます。
(香水をどれぐらい入れるかで香りの強弱を調整できます)

埃が入らないように布でフタをして完成です。

アロマオイルを使ったリラックスできる香り

ー用意するものー

・アロマオイル
保冷剤
・瓶
・布
・輪ゴム
・割り箸または使い捨てのスプーンなど

常温に戻した保冷剤を容器の半分程度を目安に入れます。

お好みのアロマオイルを数滴垂らし、割り箸等でよく混ぜます。

アロマオイルは2~3種類ブレンドしても良いですね。

最後に、埃が入らないよう布でフタをして完成です。

柔軟剤を使った優しい香り

ー用意するものー

・柔軟剤
保冷剤
・瓶
・布
・輪ゴム
・割り箸または使い捨てのスプーンなど

常温に戻した保冷剤を容器の半分程度を目安に入れます。

柔軟剤を適量入れ、割り箸等でよく混ぜます。

最後に、埃が入らないよう布でフタをして輪ゴムで留めて完成です。

 

おしゃれにアレンジする方法

スポンサードリンク

せっかく手作りするなら、お部屋に合わせておしゃれにアレンジしてみるのもいいですよね。

香りを混ぜるときに、お好きな色の水彩絵の具を微量加えるだけで、好きな色の芳香剤になります。

絵の具が無いときは水性ペンでも出来ます。

保冷剤を入れる前の瓶の底に水性ペンを塗り、保冷剤を入れたらよく混ぜるだけです。

また、出来上がった芳香剤の中や表面に、ビー玉やドライフラワーなどお好きな飾りを飾れば、見ているだけでも楽しい芳香剤になります。

その他、輪ゴムの代わりにリボンや紐など、お好きなもので留めてあげると、おしゃれにアレンジできますね。

工夫次第でいろんなアレンジができるので、ぜひ試してみてください。

 

保冷剤は人体への影響は本当にない?

頭に手を当てはてなの文字を手に持って考えてる女性の画像

まず、保冷剤の中身は何で出来ているのでしょうか?

じつは、保冷剤の中身のほとんどは水です。

保冷時間を長くするため、少量の「高吸水性ポリマー」に、たくさんの水を混ぜてジェル状にしたものが保冷剤の中身です。

そして保冷剤にはいくつかの種類があります。

保冷剤の種類

ソフトタイプとハードタイプ

ビニール製の袋に入ったものがソフトタイプです。

ハードタイプに比べると保冷時間は短くなりますが、軽くて持ち運びしやすいというメリットがあります。

ハードタイプはプラスチック製の容器に入ったものをいいます。

長時間の保冷に向いているため、アウトドアなどに適しています。

 

0℃タイプと氷点下タイプ

パッケージに温度等の記載がなければ一般的な保冷剤の0℃タイプです。

お弁当やデザート、生鮮食品などの持ち運びなど、比較的短時間の保冷に適しています。

パッケージに「氷点下」や「-0℃」と記載のあるものは氷点下タイプです。

氷やアイスクリーム、冷凍食品などの持ち運びや、アウトドアなど長時間の保冷が必要な時に活躍します。

 

人体への影響

過去に製造されていた保冷剤には「エチレングリコール」という、毒性のある成分が使われていた事がありました。

しかし、誤飲事故が続いたため現在では、誤って口に入れても無害な成分の保冷剤がほとんどです。

ですが、保冷剤に使われている「高吸水性ポリマー」には、自重の500~1000倍もの水を溜め込む事ができる力があります。

誤って口にいれてしまうと、体内の水分を吸収してしまう可能性があるため、完全に無害とは言い切れません。

万が一、誤飲してしまった場合は、早めに医師に相談しましょう。

誤飲の場合はたしかに無害とは言えませんが、皮膚についただけなら問題ありません。

その点はご安心ください。

但し、小さなお子様やペットがいる場合などは、皮膚についたところを舐めてしまう可能性があるため、注意が必要です。

芳香剤としてお部屋に置く場合も、小さな子供やペットの手に届かない場所に置くようにしましょう。

 

まとめ

水色のリボンが付いた花瓶に薄水色の液体が入った画像

保冷剤を使った香りの楽しみ方として、ルームフレグランスという方法がありました。

本当に手軽でコストもかかりません。

お好みのアレンジにする時も、100均で買える材料で十分素敵なものができます。

香水を使った芳香剤では、古くなって変質してしまった香水でも大丈夫です。(変なニオイがする物は避けましょう)

肌につけるのは躊躇するものでも、芳香剤なら安心です。

保冷剤再利用のついでに、香水も捨てずに再利用出来れば嬉しいですよね。

いろんなアレンジであなた好みの芳香剤を作ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました